完全自由設計の家づくり フクタハウス

メニュー

ご相談・プランの作成は無料です。
お気軽にご相談ください。

0120-23-8422

メールでのお問い合わせはこちら >

長期優良住宅

HOME注文住宅 > 長期優良住宅

より「豊か」で
より「優しい」暮らしへ

こだわりのマイホームを長く、大切に使っていただくために。
フクタハウスは長期優良住宅にもご対応いたします。

長期優良住宅とは?

昔の日本では、一度建てた家はめったなことでは建て替えをしませんでした。
大切に日々のメンテナンスやリフォームを行い、何代にもわたり住み続けていくのが当たり前でした。
今では住宅の寿命は30年ほどと言われ、建て替えが当たり前となっています。

しかし、環境問題、資源問題や、消費者の住宅取得費の軽減のため、2009年「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、
一度建てた家を長く使うことが推奨されるようになりました。

どうせ家を建てるのなら、いい家に長く住んでもらいたい、その想いでフクタハウスも長期優良住宅作りを承っています。

長期優良住宅に必要な条件(木造戸建住宅)

【 耐震性 】

耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。

建築基準法で想定している大地震がおきても、少しの改修で住み続けられるよう、損傷の軽減を図るため、例えば、住宅性能表示制度の耐震等級(倒壊等防止)の1~3等級の等級2などが必要になります。

【 省エネルギー性 】

省エネルギー性

必要な断熱性能などの省エネ性能が確保されていること

平成11年省エネルギー基準(省エネ法に基づく省エネ判断基準)相当の性能が求められています。住宅性能表示制度の最高等級4の性能を満たす必要があります。暖冷房時の省エネ化をはかるため屋根、床、壁、天井、開口部の断熱性能を高くします。

【 維持管理・更新の容易性 】

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

構造躯体が100年程度継続使用できたとしても、給排水管などはその間に取替や補修が必要になるため、点検・補修がしやすいことがもとめられています。原則、住宅性能表示制度の最高等級3の性能が必要です。

【 劣化対策 】

劣化対策

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

柱や梁などの構造躯体が少なくとも75年~95年程度(3世代)継続して使用できる措置に加えて、例えば、木造住宅であれば、床下や小屋裏に点検口を設置し、床下空間に33センチ以上の高さを確保するなどの追加措置が必要になります。

【 住戸面積 】

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

良好な居住水準を確保するための住戸の面積を定めています。戸建てでは75平米以上(少なくとも1の階が40平米以上:階段部分除く)で共同住宅の場合は55平米以上となっています。この基準は地域の実情によって所管行政庁が引き上げや引き下げを行うことがあります。

【 居住環境 】

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

住宅の建つ地域で決められた景観などのルールに則って街並みに調和することが求められています。各地の所管行政庁が地区計画・景観計画・条例によるまちなみ等の計画・建築協定・景観協定などを定めている場合はそれに従った計画をする必要があります。

【 維持保全計画 】

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

建築後の定期的な点検・補修などの計画を行うことが求められています。「構造体力上主要な部分」「雨水の浸入を防止する部分」「給水・排水の設備」について維持保全計画を作成して点検の時期・内容を定める必要があります。また少なくとも10年に一度は点検を行うことが求められています。

【 住宅履歴情報の整備 】

住宅履歴情報の適切な整備及び蓄積
長期優良住宅に認定された住宅はその建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。

※電子データ等による作成・保存も可

長期優良住宅認定申請書および添付図書
意匠関係図書(平面図、立面図、矩形図 等)
構造関係図書(各種伏図、壁量計算書、N値計算書、接合金物リスト 等)
仕様関係図書・設備関係図書・設備機器関係図書 等

フクタハウスの施工事例

完全自由設計でお手伝いした施工事例をご紹介。
お客様の夢を叶えた家づくり・プランをご覧下さい。

施工事例を見る >